15cars

17畳のホビールームに、Nゲージ大型レイアウトを製作中。やっぱり鉄道模型でもフル編成を楽しみたい。DCC自動運転にも挑戦しています。

1/18 オートアート UWG60センチュリー

time 2020/08/10

sponsored link

オートアートの1/18 UWG60センチュリーです。実車はまず買えませんが、大のショーファーカー好きとして、そして憧れの車として、本モデルを買いました。

オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century
オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century
オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century
オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century

究極のショーファーカーである、格調高い実車の雰囲気をよく再現していて、素晴らしい製品だと思います。

オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century
オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century

ギミックもしっかりしています。京商からもsamuraiシリーズとして同サイズでモデル化されていますが、そういった仕掛けは無し。ですので、この点だけでもオートアートのほうが圧倒的に優れていると思います。しかし、さすがに、給油口だけは開かないようです。

オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century

エンジンルームもしっかりと造り込まれていますが、カバーがかかった状態を再現しているので、旧車モデルにある、あの複雑に入り組んだエンジン機器類を眺めて楽しむ、ということは出来ないのは仕方ありません。

オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century

ウールシートの内装は、スカッフプレートの century のロゴもしっかり再現されていて、素晴らしい出来です。欲を言うなら、センチュリーらしさを際立たせるリヤ3面カーテン、ハーフシートカバー、そして国産ショーファーカーらしさを最も象徴する「助手席可倒式ヘッドレスト※」を再現して欲しかったです。

※ 左後席の乗員の前方視界を確保するため、助手席のヘッドレストを前方に90度倒せる装備。2020年現在の国産現行型では、センチュリーとLS500 Executive のみの装備となっている。外車には無いのでは?

オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century

前輪を動かすと、ステアリングも連動して可動します。その逆をやると壊れそうなので、試していません。

オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century

ブレーキキャリパーも再現されているようですが、細いフィンのホイールに隠れてほとんど外からでは分かりません。

オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century

下回りもしっかり作り込まれているので、ガラスケースの上段に展示しても良いですね。

オートアート 1/18 UWG60センチュリー auto art uwg60 century

自作の展示ケースで、先輩のGZG50センチュリー(京商samuraiシリーズから発売)と並べました。これだけのギミックがあると、あちこちオープンさせた整備中の状態にしたくなりましたが、この車に最も似合う「VIPを迎えるセンチュリー」という設定で、リヤドアを開けての状態で展示としました。

 

↓ ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2段式レイアウト(N・3複線)

Nゲージ所有車両

鉄道関係のコレクション

その他のコレクション

乗車記録

管理人

15cars

15cars

15carsと申します。好きな言葉は「電車は15両編成」です。よろしくお願い致します。



sponsored link