15cars

17畳のホビールームに、Nゲージ大型レイアウトを製作中。やっぱり鉄道模型でもフル編成を楽しみたい。DCC自動運転にも挑戦しています。

sponsored link

赤羽方面の貨物線側となる築堤と擁壁を作成しました。

築堤 擁壁 鉄道模型 ジオラマ

こちら側は、築堤に沿って保線用車両の通路があり、その入り口は都道に面しています。また、耐震補強なのか、擁壁に沿って、複雑な骨組みが見られます。

築堤 擁壁 鉄道模型 ジオラマ

通路は、4m道路を挟み住宅密集地をかすめるかたちで、天端(画像手前)まで登っていきます。少しでも圧迫感をなくすためか、擁壁は装飾されているものが使われています。丁度この辺りから模型化することにしました。

築堤 擁壁 鉄道模型 ジオラマ

先ずは、保線車両の通路から作成しました。なんといっても急カーブ区間にあたるのが実景と一番異なる点です。

前回同様、0.3mm厚のプラ板を使用した擁壁シートを作成し、築堤部分となるスタイロフォームに貼り付けました。その後、スチレンボード製の保線用通路を坂道状に貼り付け、最後に擁壁部分として、こばる製のプラノイタを貼り付けました。

擁壁と道路の境界部分には、情景テクスチャーペイント(ライトグレイ)を塗布した棒状の2mm幅×1mm厚のプラ板を貼り付けました。

道路は2000番の耐水サンドペーパー製で、両面テープで固着しています。

築堤 擁壁 鉄道模型 ジオラマ

通路は、幹線道路の環八通りの手前で天端を登り切り途切れます。4車線の環八は、ぜひとも模型化したかったのですが、レイアウト上の急カーブ区間に位置していて情景の繋がりが不自然になるため、作成を諦めました。

築堤 擁壁 鉄道模型 ジオラマ

なお、環八通りから先は、石垣積みの築堤に変わり雰囲気が一変します。環八を省いた場合、保線用通路とここをどう上手くつなげていくかを考えましたが、結局、単純に環八を省いてくっつけるかたちにしました。

築堤 擁壁 鉄道模型 ジオラマ

完成した保線用通路の擁壁に、グリーンマックスの石垣を、カーブ区間に合うよう少し傾斜をつけて切り出して接着しました。

法面の緑地部分は、茶系のジェッソを塗布した後、カラーパウダーをボンド水で固着しました。

築堤 擁壁 鉄道模型 ジオラマ

今後は、画像手前の空き地に、線路近くまで迫る密集した住宅街を作り込むことで、ごみごみした東京都内の雰囲気を再現できればと思います。

↓ ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

鉄道模型 ブログランキングへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2段式レイアウト(N・3複線)

Nゲージ所有車両

鉄道関係のコレクション

その他のコレクション

乗車記録

管理人

15cars

15cars

15carsと申します。好きな言葉は「電車は15両編成」です。よろしくお願い致します。



sponsored link