15cars

17畳のホビールームに、Nゲージ大型レイアウトを製作中。やっぱり鉄道模型でもフル編成を楽しみたい。DCC自動運転にも挑戦しています。

サブ電源区画とパワーマネージャーPM42の設定

time 2016/08/04

sponsored link

DCS50Kシリーズにはブレーカーが内蔵されていますが、よりシビアに電力管理をするために、デジトラックス製のパワーマネージャーPM42を導入しました。また、作動用電源(100mA/枚)は別途ユーザーが用意しなければならないので、秋月電子で15V0.8Aのものを調達しました。

DCC 電源区画 ギャップ

電源区画の管理がこの装置の役目なのですが、その区切り方が付属のマニュアルには一切書かれていないので、図入りで紹介されていた海外サイトを参考にしました。

上図は当レイアウトの電源区画の計画図です。赤(外回り)・青(内回り)・緑(留置線1)・茶(留置線2)は各々独立した電源区画で、各々1台づつのDCS50Kブースターが担当しますが、その内、赤と青の本線上の電源区画をさらに2つに分け、サブ電源区画をつくりました。単純に上半分、下半分というかたちで、閉塞区間の境界をサブ電源区画の境界としました(黒の二重線部分)。
DCC PM42配線はマニュアル通りで、1つのPM42で2つのブースターを管理する配線にしました。また、配線変更が容易なように、サトーパーツのネジ式端子台を設けました。画像左手よりブースターからの電流を受けて、青線は画像右手の在線検知装置BDL168の繋がる端子台へ、白線は各電源区画への端子台へと接続しました。

また、電線はなるべく太い方が良いと思い20AWGを使用しましたが、付属の44ピンコネクターの穴にぎりぎり入る太さでしたので、22AWGでも良かったかも知れません。

このPM42は、初期設定ではブレーカー作動条件が3Aですが、DCS50Kは出力2.5Aなので、作動条件を1.5Aに変更しました。遮断速度の設定という項目もあるのですが、とりあえずは初期設定のままにしています。

なお、設定変更はDCS50K単体からでは出来ないようで、別途DT400などのスロットルからコマンドステーションを介して行う必要があるという、何とも商売上手な仕組みになっています。

なお、PM42の設定に関しては、以下のウェブサイトを参考にしました。

Digitraxのシステムについて覚書

 

↓ ブログランキングに参加しました
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道模型 ブログランキングへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2段式レイアウト(N・3複線)

Nゲージ所有車両

鉄道関係のコレクション

その他のコレクション

乗車記録

管理人

15cars

15cars

15carsと申します。好きな言葉は「電車は15両編成」です。よろしくお願い致します。



sponsored link