15cars

17畳のホビールームに、Nゲージ大型レイアウトを製作中。やっぱり鉄道模型でもフル編成を楽しみたい。DCC自動運転にも挑戦しています。

房総中央鉄道館

time 2018/07/28

sponsored link

「房総中央鉄道館」

千葉県夷隅郡大多喜町

 

房総中央鉄道館

いすみ鉄道の大多喜駅から徒歩数分のところにあります。今回は車で訪問しましたが、専用駐車場は無いので、すぐ近くの町営駐車場(1時間まで無料、以降有料)に停めました。趣味による私設博物館という位置づけか、開館は土日祝日のみで、見学には入館料(200円/人)がかかります。

 

房総中央鉄道館館内に入ると、まず大きなNゲージレイアウトと、ずらりと並んだ地元千葉県の駅名板が目につきます。

 

房総中央鉄道館このレイアウトは、新幹線から在来線まで、長編成列車の編成美が楽しめる全長7~8mくらいの大きなものです。

 

房総中央鉄道館そのレイアウトに隣接して、もう一つ、面積にして3畳ほどのレイアウトもあります。

 

房総中央鉄道館地元、大多喜城とその街並みをイメージしていると思われます。とするとこのレイアウトは、房総半島内陸部、というでしょうか。

 

房総中央鉄道館L字型の館内の奥には、HOゲージのレイアウトがあります。こちらもフル編成が堂々と走れるサイズで、全長は8~9mくらいだと思います。やはり、千葉を走る(走った)車両が多く見られました。

 

房総中央鉄道館そのHOレイアウトを支える、しっかりした作りの台枠の中には、ミニレイアウトや様々なサイズの鉄道模型が展示されていました。ただ、その内部に照明が無いため、ガラスの反射により展示物が少々見づらいのが残念でした。

なお、このレイアウトの奥には、やはり地元の鉄道に関するコレクションがありましたが、残念ながら撮影禁止でした。

 

房総中央鉄道館

房総中央鉄道館大量の鉄道グッズと鉄道模型の組み合わせ。正にマニアの夢を実現しています。

 

房総中央鉄道館販売ブースもありました。様々な鉄道グッズがありましたが、個人的に興味深かったのは、一般に書店では入手出来ない、専門的な鉄道業界誌(月刊)の古本でした。

 

↓ ブログランキングに参加しました
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道模型 ブログランキングへ

sponsored link

down

コメントする




2段式レイアウト(N・3複線)

Nゲージ所有車両

鉄道関係のコレクション



sponsored link