15cars

17畳のホビールームに、Nゲージ大型レイアウトを製作中。やっぱり鉄道模型でもフル編成を楽しみたい。DCC自動運転にも挑戦しています。

sponsored link

アクリル絵具を使う例が多く紹介されていたので、これまでアクリル絵具に拘ってきましたが、どうも上手く色が出せないので、アクリルのプラカラーを使うことにしました。

プラカラーを選んだのは、ミリタリー系の迷彩色が多く揃っていたからで、最小限の調色で済ませたかったからです。

水面の表現1薄めてみたり、懲りずにアクリル絵具と混ぜてみたりと、20数色のサンプルを作ってみました。いつでも再現できるように、調色は最大2色までとしました。

 

水面の表現2最終的に、タミヤのアクリルカラーのXF-51カーキドラブと、Xf-62オリーブドラブを薄めずに半々で混ぜたものにしました。

この時点では完全に艶消し状態ですが、アクリル絵具を使っていた時と比べて、かなり良い感じになったと思います。

 

水面の表現3

なお今回は前回と違い、まず川底全体をスチレンボードで1cmほどかさ上げする方法をとりました。そのため、橋脚を1cm切り詰めています。

また、橋脚は固定する前にパステル粉をこすりつけ、その後艶消しクリアーを吹くかたちでウェザリングを施しました。

048橋脚を鉄橋の位置に合わせて多目的ボンドで固着しました。

 

水面の表現5仕上げげにタミヤのアクリルカラーのカーキドラブを少々混ぜたグロスポリマーメディウムを塗布します。混ぜる割合はアクリルカラー:メディウム=2:8くらいだったと思います。

 

052橋桁をマスキングテープで保護した後、僅かな水のうねりを表現するため、筆を置くようにしながら、上記のメディウムを塗布します。艶消しだった水面に、光沢を与えます。

 

水面の表現7完全硬化まで、数日放置しました。やっと理想とする濁った川の色が出せました。

 

水面の表現8しかし、近くで見ると気泡が白濁して残ってしまった部分があるのと、メディウム塗布時のやり過ぎた凹凸表現で、強風時の水面状態になってしまったのが不満ですが、全体的には70点の出来だと思いましたので、この辺で妥協しました。

 

↓ ブログランキングに参加しました

鉄道模型 ブログランキングへ

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2段式レイアウト(N・3複線)

Nゲージ所有車両

鉄道関係のコレクション

その他のコレクション

乗車記録

管理人

15cars

15cars

15carsと申します。好きな言葉は「電車は15両編成」です。よろしくお願い致します。



sponsored link