15cars

17畳のホビールームに、Nゲージ大型レイアウトを製作中。やっぱり鉄道模型でもフル編成を楽しみたい。DCC自動運転にも挑戦しています。

電源区画の見直しとブースターの変更

time 2017/11/09

sponsored link

当レイアウトでは、十分な電力供給を行うために線路を4つの電源区画に分けて、それぞれにDCS50K及びDCS51K1をブースターとして割り当てていました。しかし、電源区画を跨いで走行する時に、PM42やブースターによるショート検知による回路保護機能が作動し、その度にソフト側で列車を見失ってしまうことで列車が暴走、その瞬間自動運転が破綻、という事態が頻繁に発生しました。

 

 

DCC 電源区画

DCC 電源区画当初は、上図のように赤、青、黄、緑の4つの電源区画を4つのDCS50KとDCS51K1で賄う計画でした。しかし、毎回ではないものの、ポイントを渡って異なる電源区画への移動時(黒色の部分=両ギャップ)を跨ぐ時に回路保護機能が作動することが度々発生しました。

 

 

DCC 電源区画そのため、ポイント間に電源区画を設けないよう、上図のように電源区画の割り当てを変更しましたが、今度は同一線路上の2か所の電源区画を2列車が跨いで走る時に回路保護機能が発生するようになりました。

 

電源区画 DCC

 

 

最終的には、複数ブースターによる構成に問題があると考え、一つのブースターで全ての電力供給を行えるよう、最大8Aの出力をもつDCS200に入れ替えることで、これまでの不具合は発生しなくなりました。PM42の担当区間は変更無しです。

 

 

 

DCS100 DCS200 電源 DCC

このDCS200ですが、肝心の電源が付属しませんので、別途ユーザーで用意する必要があるという面倒くささがあります。

マニュアルによれば、電源はACまたはDCどちらの出力でも良く、Nゲージの場合は、12Vより数ボルト高いものを使うようにとあります。しかし、なかなか16V前後でで8A近い出力のものが見当たりませんでしたので、中古のIBMパソコン用純正DCアダプター(16V、7.5A)を流用しました。当然、そのまま利用出来ないので、配線を切断しプラスマイナスに分けて先端を半田で固めたものをDCS200への電源供給口に差し込んで利用していますが、今のところ問題なく使えております。

しかし、コマンドステーションを変えたことが原因なのか、電源の違いが影響したのか分かりませんが、これまでの走行速度より少々遅く感じたため、スケールスピードを再調整しました。

 

↓ ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道模型 ブログランキングへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2段式レイアウト(N・3複線)

Nゲージ所有車両

鉄道関係のコレクション

その他のコレクション

乗車記録

管理人

15cars

15cars

15carsと申します。好きな言葉は「電車は15両編成」です。よろしくお願い致します。



sponsored link